江別市内の情報を中心に江別や北海道に関わるみんなの情報を発信しています

伐採をまぬがれた北海道江別市の鉄道林【江別市大麻】

かつては防雪林として鉄道を守るために植林された鉄道林。今や、街の中の緑の風景として年間を通し、自然の賑わいを感じさせてくれます。ヨーロッパトゥヒ、カラマツ、トドマツ、ニセアカシアなどの針葉樹が植えられています。
11068221_804661402942772_1607235064_o
国道12号線側には、桜も植えられており、5月上旬から中旬にかけて、列車の中からも桜の風景を楽しませてくれます。

11032238_804661436276102_1485459274_o
1993年、JR大麻駅付近の鉄道林の一部が大型商業施設建設のため伐採の計画が発表されましたが、周辺住民や自然保護団体や周辺商店街の反対運動により、最終的には江別市が買い上げ保全されることとなりました。

この記事を書いた人

Haruru
Haruru
現在は江別在住で江別市内に勤務。
過去は障がい者施設援助員、病院で助手勤務経験あり。
温泉ソムリエマスター(★)、温泉観光実践士、野菜ソムリエ、笑いヨガリーダー、書道師範、社会福祉、秘書検定、日商簿記などの資格も持っています。
趣味は、旅行、語学(英語、パトワ語、中国語、ベトナム語を勉強中)、国際交流、歴史、ズンバ、テニス、テトリスのゲームです。