みんなの江別情報ブログサイト

「EBRI」にグルメな路地裏「えぶろじ」OPEN!前日の試食会に潜入レポ2018年10月【北海道江別市】

えぶろじ

れんが倉庫をイノベーションして2016年に誕生した商業施設「EBRI(エブリ)」に新しいグルメゾーンが誕生しました。

“EBRI” là một cơ sở thương mại. Cửa hàng tổng hợp, cửa hàng rau, nhà hàng, vv… mở cửa ở đây.

“裏路地”のような小さな商店街をイメージした、その名も「えぶろじ」は、既存店に加え、新規出店の飲食店3店舗が加わり、歴史あるれんが壁が引き立つ居心地の良い空間となっています。

先行オープンしていた1軒につづき、残る2つの新店舗も営業を開始し、2018年10月5日(金)「えぶろじ」はグランドオープンします。

オープンに先立ち、10月3日と4日に試食会が行われており、筆者も関係者のつてをたどり潜入することができました。

本格日本料理の「兎に角(とにかく)」

新鮮食材を匠の技で仕上げた美食とお酒が楽しめるお店「兎に角(とにかく)」。試食会では“おばんざい”形式で提供された天ぷらやコロッケ、角煮やきんぴらなどをいただくことができました。

グランドメニューには、試食会ではいただけなかった、高級食材が数多くあるようですが、この日も海老や愛別産舞茸の天ぷらや、十勝野ポークの角煮など、注目食材を味わうことができました。

どれも、”質”へのこだわりが感じられ、コロッケ1つでも、おもわずうなってしまいます。

テーブル席のほか、座席のアレンジ可能な座敷席がありました。グランドオープン後はおそらくカウンター席も使えるのではないかと思います。

では、メニュー表の中から一部を抜粋してご紹介します。

「兎に角(とにかく)」メニュー(抜粋)

・小鉢
秋田産いぶりがっこクリームチーズ挟み 600円
毛蟹味噌和え 700円  ほか

・サラダ
季節野菜のバーニャカウダーアメリケーヌソース 980円 ほか

・刺身
本鮪(赤身) 1,000円
平目 700円
北寄 900円  ほか

・肉料理
道産牛ヒレ肉の炙り(100g) 1,300円
道産牛のサガリとニンニクの芽炒め 980円 ほか

・魚料理
八角味噌漬け焼き 950円
きんき一本煮 3,800円 ほか

・一品料理
知床鶏の唐揚げ 680円
蛸の一味揚げ 700円
毛蟹のクリームコロッケ 980円
札幌黄のとろとろフライ 650円  ほか

・天ぷら
海老 300円
鱚(きす) 250円
メソ穴子 600円
牡蠣(2個) 400円
愛別産舞茸 300円
百合根かき揚げ 650円  ほか

・食事
季節の天丼 980円
白老牛の炙り寿司三貫 900円 ほか

・甘味
紫芋のクリームチーズ寄せ 750円
濃厚焼プリン 700円  ほか

・お飲物
ビール、ハイボール、ワイン、日本酒、焼酎、サワー、果実酒、ソフトドリンク 各種

ランチメニュー

11:00~15:00(Lo14:00)

葱塩牛タン御膳 1,500円
三種の吹き寄せそば 1,350円
十勝野ポーク角煮御膳 1,000円
稲庭うどん 950円
唐揚げ定食 850円
スタミナ豚丼 850円  ほか

 

本格ピザと多彩なパスタが楽しめる「EBEZZA」

もともとアルルのレストランがあった場所にそのまま収まった「EBEZZA」はイタリアンのお店。

「EBEZZA」では、江別のレンガ職人が組み上げたピザ窯で焼き上げた本格PIZZAをいただくことができます。

公式サイトによると、全国的にも評価の高い2人の凄腕職人がキッチンで腕を振るうのだとか。

カウンターに並んだ備品や調味料などは、インテリアとして客の目を楽しませてくれます。

試食会は、このように大盛況。一言にピザやパスタといっても、作る人が違うと(食材も?)こんなにも違うものかと味覚の鈍い筆者でさえ感心することしきり。

では、メニュー表の中から一部を抜粋してご紹介します。

「EBEZZA」メニュー(抜粋)

・ピッツァ
マルゲリータ 1,390円
マナローラ 1,810円
クアトロフォルマッジ 2,680円
ビスマルク 1,600円  ほか

・パスタ
カルボナーラ 1,060円
蝦夷鹿でポロネーゼ 1,390円
季節野菜のパスタ 1,060円  ほか

・ドリンク
ノースアイランド・ヴァイツェン樽生、カシス(ソーダorオレンジ)、ハイボールニッカ、オーガニックコーヒー、手作りジャンジャーエール、ワイン各種  ほか
<公式facebookより>

先行オープンしていた“yatai cafe”「menzo」

9月15日から先行オープンしている「menzo」は、ラーメン店という印象とはちょっと違う“yatai cafe”。もちろんラーメンファンもうならせる本格的な進化系ラーメンが楽しめるほか、飲茶や台湾ビールもいただけます。

ラーメン店でありながらカフェ使いができるという「menzo」には、「江別のヘルシー野菜白湯麺」など女性向けのメニューも多く、早くも人気店となっています。

 

この秋「EBRI(エブリ)」に新規オープンした飲食店

■兎に角
営業時間 11:00 – 22:00
電話番号 011-398-5611

■EBEZZA
営業時間 11:00 – 22:00
電話番号 011-398-5523
※テイクアウトあり
公式Facebook
https://www.facebook.com/ebezzapizza/

■yatai cafe menzo
営業時間 11:00~20:00
電話番号 011-398-9570

駐車場が広いので、市外から車でお越しいただく方にも安心です。札幌市近郊の“ご近所ドライブ”スポットとして、ますます注目を集めそうですね。

アクセスマップ・地図

■EBRI(エブリ)
北海道江別市東野幌町3-3
駐車場 通常時 約100台
営業時間はテナントにより異なります。