江別市内の情報を中心に江別や北海道に関わるみんなの情報を発信しています

赤ちゃん連れも大歓迎。市外からもお客さんが訪れる。元江別の美容サロン「秘密基地」

「秘密基地」という名の美容室があるのをご存じですか?
場所は5丁目通沿い、コープさっぽろ元江別店のすぐ近く。レトロなピンクのアパートの一角、DIYでご主人が手作りしたという看板が目を引きます。


2019年の3月15日で開店4周年を迎えるこちらの美容室。オーナースタイリストの渡辺顕弘(たかひろ)さんがサロンを案内してくれました。

秘密基地。素敵な名前ですよね。

渡辺さんはお客さんがきれいになることができる秘密の場所、来る度にわくわくするようなとっておきの場所になるといいなという思いで「秘密基地」という名前をつけたそうです。
秘密基地は完全予約制で、同じ時間帯にはひと組のお客さんだけを入れるお店まるごと貸し切りスタイル。
家族や友人と気兼ねなく髪を切りにいくことができます。

この日も常連のお客さんがお子さんといらっしゃってました。
こちらのお客さんは市外在住で、下のお子さんが乳児の時に一緒に連れて髪を切ることができる場所を探していて、「秘密基地」に行き着いたそうです。

充実のキッズスペース

小上がりになっているキッズスペースは、おもちゃもたくさん。
赤ちゃん用の布団の用意もあり、子どもを寝かせておくこともできます。髪を切っているすぐ後ろで子どもの様子が見られるので安心。

キッズスペースにはカーテンレールもついていて、カーテンで囲って授乳することもできるんです。

子育て中は美容室での一時が大切な気晴らしという方も多いでしょう。他のお客さんに気兼ねなく赤ちゃんを連れて安心して髪を切ることができる空間はとても嬉しいですね。

渡辺さんも子育てパパさんということで、子育て中の方のかゆいところに手が届く心遣いが至る所に。

秘密基地の中では怪我をしなければ何をしてもいいですよ、と秘密基地の紹介が掲載されている本を紹介してくれながら笑う渡辺さん。

渡辺さんと話していると本当に子どもが好きなんだな、という想いが伝わってきます。

キッズスペースに敷物を敷いて、お弁当やお菓子を食べながらくつろぐお客さんもいらっしゃるそうです。秘密基地でのくつろぎ方はあなた次第。

WiFiが使えるのも嬉しい。スマホで動画を見てると落ち着くお子さんもたくさんいますよね。

まるでファーストクラスシート

美容室の一番の自慢の場所を尋ねてみると、案内してくれたのがシャンプー台に備え付けられているファーストクラスシートさながらの椅子。

私も座らせてもらいましたが、程良い堅さで体を受け止めてくれる椅子は快適そのもの。このシートに体をあずけてシャンプーしてもらうのはとても気持ちのいいことでしょう。

そしてそして、なんとシャンプー中にはシャンプー台から出るミストが顔を包みます。

ミストがわかりやすいように渡辺さんをバックに写真を撮らせていただきました。すごい量のミストが出ています。

子どもはこのミストに大喜び。そりゃ楽しいに決まっていますね。

カット台の子ども用のクッション(キリン柄?)もかわいい。

いざ、カット。お子さんの顔に注目。カット中に髪の毛が目に入るのを防いでくれる透明なカバーも嬉しい気遣い。

恐怖心が和らぐのでお子さんの初めてのカット体験にもいいかもしれませんね。

貸し切りなので、気兼ねなく会話を楽しみながらカットを楽しむことができます。

ヘアサロンの枠を越えた居心地の良さ

秘密基地の中には、秘密道具ならぬかわいい小物もたくさん。
お客さんの作っている小物もたくさんあるんだとか。

フェルトで作られたおもちゃ。ハイクオリティなピザに野菜。ついついごっこ遊びしたくなっちゃいますね。

ピアスや髪を束ねるかわいいゴム。

卒業と入学の今の季節にぴったり。蝶ネクタイも。

人気の小顔補正立体カット

こちらのカット技術、日本人の頭の形に合わせて理想の髪型を実現するカット方法で、特許を取得しています。
レザーも削ぎも入れずに軽い仕上がりとなり、平面的な日本人の骨格でも立体的な小顔に見せる効果があるそう。

渡辺さんは小顔補正立体カットの認定を受けていて、通常のカットメニューのほか、こちらのカットもしてもらうことができます。

その効果は一度試した方はやみつきになるそうで、今では3分の2のお客さんが小顔補正立体カットをしているそう。

典型的な日本人型の頭骨を持っている私も今度試してみようかと。

【おまけ】ヘアドネーション(髪の毛の寄付)って知ってますか?

ヘアドネーションというのは、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供する取り組みです。
寄付をするには31センチ以上の長さが必要とのことで、ひとつのメディカル・ウィッグを作るためには20〜30人分の髪の毛が必要とのこと。

秘密基地は、ヘアドネーション賛同サロンのひとつ。
お客さんからの希望があれば、伸ばした髪をウィッグ制作のための寄付として受け付けています。

ヘアドネーション参加のきっかけはお客さま

ヘアドネーションできませんか?というお客さんからの相談を受けたことがきっかけでヘアドネーションについて調べ、賛同サロンとなった「秘密基地」
平成29年4月からヘアドネーションの受付を始め、来月で満2年。今まで95人の方が寄付をしており、もうすぐ100人になるそうです。
ご興味がある方は、是非「秘密基地」までご相談ください。
渡辺さんも寄付のためにご自身の髪を伸ばしているところだとか。

最後に

秘密基地は、本当にお客さんの居心地を考え抜かれた秘密基地でした。

お一人で、お子様と、ご家族で。
くつろげる特別な場所になること間違いなし。

秘密基地の心地よさの秘密は、渡辺さんの作る柔らかくて安心できる空気感にあるのかもしれません。

要予約、一度にひと組のお客様だけの特別なサロンの時間。
是非、一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

イラストルポライターしゃおりさんによる秘密基地ルポも是非ご覧あれ。

住所/〒067-0032 北海道江別市元江別886番地9 5丁目ハイツいずみ102号室

電話/011-398-4510  秘密基地ホームページ

この記事を書いた人

らも
らも
江別に住んで9年。住むまちとしての江別のちょうど良さにはまりつつある30代。美味い食べ物とお酒に喜びながら、なりゆきとさすらいで今日も生きています。