酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる地域・事柄・人々の活動を発信するブログサイトです。

江別のカフェバーBee Shrimp & Cafe’ kokomoca(ココモカ)でニッカウヰスキーの竹鶴が飲める!竹鶴の一部が3月末で販売終了【江別市野幌町】

竹鶴の一部が3月末で販売終了

ニッカウヰスキーは1月13日に、原酒が不足し、竹鶴17年、21年、25年を今年の3月末で販売終了することを発表しました。

livedoorNEWより

国産ウイスキー人気で原酒が不足し、年代物の高級品が販売を終了します。
ニッカウヰスキーは主力のウイスキー「竹鶴」のうち、ラベルに熟成年数が入った高級路線の竹鶴17年、21年、25年の販売を3月末で終了します。ハイボール人気などで国産ウイスキーの需要が高まるなか、長時間の熟成を必要とする原酒の在庫が不足し、供給が追い付かないことが原因です。ニッカは生産設備を増強し、原酒を安定して供給できるようになれば3種類の竹鶴を再び売り出したいとしています。

原酒が安定して供給できるようになれば、販売終了となる3種の竹鶴は再び販売されるとのことです。

NHK NEWS WEBより

国産ウイスキーの人気の高まりで原酒の在庫が不足していることからニッカウヰスキーは、主力商品の「竹鶴」のうち、ラベルに熟成年数が入った3種類のウイスキーの販売をことし3月末で終了することになりました。

ニッカウヰスキーによりますと、販売を終了するのは、「竹鶴」の4種類のうち、「17年」「21年」「25年」とラベルに熟成年数が入った3種類のウイスキーです。

理由について、会社では、このウイスキーの人気が国内だけでなくイギリスやフランスなどヨーロッパで予想以上に高まったことで、長期間の熟成を必要とする原酒の在庫が不足し、供給が追いつかなくなったとしています。

 

日本経済新聞電子版Twitterより

朝日新聞仙台総局Twitterより

Yahoo!ニュースTwitterより

ニッカウヰスキー公式ウェブサイト

ニッカウヰスキー公式Twitter

ニッカウヰスキー公式Facebook


カフェバーBee Shrimp & Cafe’ kokomoca(ココモカ)で竹鶴17年がメニューとして提供

余市町で生産されているニッカウヰスキーですが、江別では野幌町にあるカフェバーBee Shrimp & Cafe’ kokomoca(ココモカ)で竹鶴17年がメニューとして提供されています。

Bee Shrimp & Cafe’ kokomoca公式Twitterより

Bee Shrimp & Cafe’ kokomoca公式Twitter

Bee Shrimp & Cafe’ kokomoca公式Facebook


Bee Shrimp & Cafe’ kokomoca(ココモカ)アクセス地図

住所:江別市野幌町52番地

この記事を書いた人

Haruru
Haruru
江別在住。

【経歴】
藤女子大学卒業
知的障がい者施設援助員
病院の助手
江別のまちに関わる仕事の経験あり

【資格】
温泉ソムリエマスター(★)、温泉観光実践士、野菜ソムリエ、笑いヨガリーダー、書道師範、社会福祉任用主事、秘書検定、日商簿記

【趣味】
旅行、語学(英語、パトワ語、中国語、ベトナム語を勉強中)、国際交流、歴史、ズンバ、テニス、テトリスのゲームなど