酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる地域・事柄・人々の活動を発信するブログサイトです。

大麻新町の旧日本甜菜製糖管理用地(大麻泉小向かい)に32区画の宅地分譲へ【北海道江別市】

江別市大麻新町に新しい住宅用の分譲地が誕生します。場所は、大麻泉小学校の向かい大麻新町25-2で、39区画程度を予定しているとのことです。

北海道セキスイハイムが土地を取得

2020年1月15日付の北海道建設新聞によると、「北海道セキスイハイム」が、江別市大麻新町の土地11,522平方メートルを取得し、39区画程度の宅地分譲をするとのことです。

2020年10月頃から造成工事に着工予定

この土地は、もともと日本甜菜製糖が保有し、現地にもその旨の看板が建っています。

北海道セキスイハイムでは、2018年11月にこの土地を取得したそうです。用途地域は、建ぺい率40%、容積率60%の第1種低層住居専用地域。

2020年10月頃から造成工事に着手し、2021年10月頃から住宅建築に取り掛かり、2022年3月の販売完了を目指すとのことです。

 

<アクセスマップ・地図>

車通り少なく静かな住宅街

すぐ向かいには大麻泉小学校やカフェ「ボンヴィヴァン」。2番通りのファミリーマートまで500m、三番通りの「ホクレンショップ大麻北町店」や「フードD.LISTA」までは、車で3~5分ほどの距離。

ただし、バス通りには面しておらず、最寄のバス停は、2番通りの「大麻11丁目」まで500m、国道12号の「野幌10丁目」まで700mあります。

JR駅へは、野幌駅まで徒歩25分程度、大麻駅へはそれ以上にかかりそうです。

分譲される区画に接している11丁目通り、1番通りともに交通量は少なく、静かな生活ができそうな場所です。