酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

公園の造形美探訪~野幌中央緑地【北海道江別市】

2020年春、JR野幌駅の横に新たにお目見えした「野幌緑地」は、鉄道林を再整備して作られた公園・緑地です。ここの遊歩道やベンチ、ベンチに掛けられた屋根などと、緑や鉄道高架や付近のマンションなどとのコントラストが見事に美しいのであります。

鉄道林の敷地を活用した緑地

元々あった江別鉄道林は、北海道の環境緑地保護地区にも指定されるなど、都市の中の環境緑地として保護されており、今回の「野幌中央緑地」の整備にあたっても、その趣旨が生かされたものと思われ、一部はもともとの自然を生かした作りになっています。

・・・というのは、本題ではなく、この1枚の写真をご覧いただいただけでお分かりの通り、煉瓦がふんだんに使われた遊歩道と、周辺のコントラストが見事に美しいのです。

絶妙な曲線を多用したデザイン

シナシナと微妙な曲線を描く赤茶色。ベンチの形状も微妙な曲線がナイスです。屋根があるので、雨に見舞われたときに避難できますね。

こんな長~いベンチもあったりして。タテに3人くらい昼寝できるでしょうか。

商業施設「EBRI」へ繋がる道

親切な道案内があります。実は、商業施設「EBRI」にもつながっているのです。

奥の方にチラリと見えているが「EBRI」です。

野幌中央緑地は、「EBRI」へ行き来する際にも使えるということなのですね。

イオン江別店がすぐそこ

そして「イオン江別店」にも隣接しているという。つまり、JR野幌駅~EBRI~イオン江別店というトライアングルの中にあるのが「野幌中央緑地」なのであります。

Googleマップにはまだ登録されていないようですので、マップをご覧いただけないのが残念ですが。

まだできたばかりの公園ゆえに、芝生が定着していなかったりなど、ピクニックに使うには、もうちょっと時間が必要かもしれませんが、植樹した木々の成長とともに、落ち着きのある憩いの場になってゆくことでしょう。