酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

直木賞作家桜木紫乃さんが最近好きな風景を見に行った_いつか小説に登場するかな?【江別市】

直木賞作家で江別市在住の桜木紫乃さんが、最近気に入っているという風景があるそうです。某ラジオ番組での発言を元に、現場に行ってみることにしました。

庶民的な桜木先生が次々と日常生活を暴露

有名作家さんの庶民的な日常が暴露されたのは、市民グループ「江別セカンドプロジェクト」が取り組んでいるネットラジオ「Brick Radio」の第10回目の放送。

火曜市が終わった後のダラけた感じが好き
パーソナリティの「飲食店以外で、お気に入りのスポット・景観とか雰囲気とか、ありますか?」との問いに「営業が終わる直前のイオンが大好き。火曜市が終わった後のだらけた感じが・・・」と着眼点がユニーク。こういう視点は作家さんならではなのでしょう。

南大通大橋からアレが見える?

とても庶民的だということが判明した桜木紫乃先生でありますが、スーパーマーケット以外にお気に入りの風景なんかはあるのでしょうか。

「最近 ホクレンゆめみ野の近くにできた橋(南大通大橋)を東光町の方から橋を渡ると、百年記念塔が見えるんです。橋の中央の一番高いところあたりから見えるんです。ああ、江別って平地なんだなあ、って」

なんですと!?文京台付近なら見えて当然の「北海道百年記念塔」ですが、千歳川のあたりから見えるとはびっくりです。

南大通大橋から見える「北海道百年記念塔」

筆者はさっそく南大通大橋へ向かいました。そして東光町側から車を走らせてみました。

むむむ?百年記念塔見えますか?ちょっと目を凝らしてみましょう。

おおお!なんとなんと・・・

み、み、み・え・た(笑)。

モヤがかった西の空にかすかに浮かぶ百年記念塔・・・この風景が、いつか小説の中に登場するかもしれません。