酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

カゼトトモニは雨上がりとともに始まった

春の気配が音楽とともに江別にもやって来ました。2016年4月3日日曜日の午後、雨が上がると、ママチャリに子供も積んでw、大麻から江別の川っ縁までチャリチャリ走って行きました。アートスペース外輪船で、音楽イベント 『カゼトトモニ』が行われていたのです。

まだ些か肌寒さが残っていたので、旧岡田邸母屋の縁側は閉ざされていましたが、中ではキャンドル作りのワークショップが開かれていました。

ウチの子は、「ママは来ちゃダメ〜」と真っ先に入って行きました。ちょっとだけ覗くと、積み木もあり、テーブルの上は、キャンドル作りのWS道具が広がっていました。ウチの子も、知らぬ間にWS代を払って、キャンドル作りをしたと帰るときに報告してくれた。

中庭を通ると、ふきのとうだらけ。福寿草も咲いていました。

いつの間にか、春ですね。春になっていました。銀のしずくの裏手には、まだ雪の塊が残っていましたが。



ドアを入って、受付で入場+ワンドリンクで1,000円を払い、今回は、花札がドリンクチケットだった。毎回、趣向を変えるんだな。面白い。

因みに、前回(初回)は、麻紐ブレスレットを渡された。未だに持っていますよ。多分。探せばあるはず(^ー^;)捨ててはいない。ウチの子に取られたからね。

中に入ると、暗幕の中は薄暗い。知った顔がスタッフにいる。先ずは、ビールをいただこうか。

音楽に合わせて、ステージには、カーテンに写真のスライドショーが映され、会場の片隅にミラーボールが設置されて、ライトが当たって、キラキラしていた。


今回は、子連れが多かったかも。パパママだって、クラブとかに行きたいけど、子供が小さいと、預けてまで行けないよね。夜は、子供を寝かしつけないといけないしね。

てな訳で、昼間のクラブって良いなぁ〜(^∀^)子供と一緒に踊ってみたりで楽しいね。

今回は、ダンサー二人のパフォーマンスと、アボリジニの管楽器、管楽器とダンスのコラボが不思議な空間を作り出していた。前回は、色々とパフォーマンスがてんこ盛りで進行が大変だったのかな?

パフォーマーごとに、会場の雰囲気も変わっちゃうしね。そういう回もあっても良いし、まったり音楽とダンスだけっていうのも良い。純粋に音楽イベントを楽しめる。

●アートスペース外輪船『カゼトトモニ』の様子


外の中庭では、子供たちが、何故か木登りに興じていたwww

子供たちは外で勝手に遊び、大人は音楽に乗って寛ぐという感じ。子供たちの面倒を見てくれる学生スタッフの有難いこと。本当に助かった。まったりとした午後を楽しめた〜。

時々子供向けな曲もかかって、そのタイミングで子供も会場内にいたら、踊れたかもね〜。妖怪ウォッチとか。ひつじのショーンのOPは原曲だったから、どうかな?

ダンサーさんの一家も赤ちゃん連れだったけど、寛いでたっぽくて良かった。上の子の女児とパパダンサーのコラボダンスが不意に始まって、最後まで踊ってくれてて、和んだ。

幼児で、見様見真似で踊ってたけど、やはりパパダンサーの影響は濃いな〜。すごく上手だった。ダンスが滑らかだったもんな〜。


また、3回目4回目と回を重ねていくと思うし、回ごとにパフォーマーも変わると思うので、今後も楽しみにしたい。一緒に子連れで来て、別々に楽しめたり、一緒に楽しめたり、お互いに楽しみ方が違っても良いというのが一番良いね。

次はいつかな〜?楽しみ過ぎる〜(>∀<)

アートスペース外輪船

カゼトトモニ

この記事を書いた人

ManaminMAMAN
ManaminMAMAN
2014/12、埼玉からUターンして来たばかりです。
かの震災以降、暮らし難くなって来た関東から、4月から小学生のちびっ子を連れて、北の大地へ戻って来ました。母子家庭の二人きり暮らしを楽しく送れるよう、新参者で土地勘がないからこそ、大麻を、江別を、北海道を満喫する様子を書いていきたいです。
●Twitter:@mananb39451
●Facebook:Manami Sagawa
●note:mananb39451
●Wordpress:mananb39451
●instagram: mananb39451
●ブクログ:manamin-ft