酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

こいのぼりフェスティバルは子供のためだけじゃないんだね!~江別ヤツメサンバ~

こいのぼりフェスティバルが今年から復活する!という話を聞いて、さっそく5月9日に江別河川防災ステーションへ向かいました。

ecb10

防災センター周辺はたくさんのこいのぼりが上がっていて気持ちも上がります。駐車場は、ほぼ満車!

ecb14

ecb13

Coolなダンスチームがのびのびと踊っています。

ecb12

河川敷でこいのぼりを眺めながら、ゆっくりと流れる「えべつじかん」に身を任せる心地よさ。

ecb18

防災センターの中には、石狩川に港があった時に活躍していた外輪船、「上川丸」の実物大に再現された大きな模型があります。江別の開拓期に開拓民とともに活躍した名船です。

中でやっているイベントは何かな?と思い歩いていると人だかりがある部屋を発見。
そこでは「ヤツメサンバ」という民謡が演奏されていました。

やばい、激しいビートとボーカル、ヤツメちゃんの観客へのアジテーションにつられて、つい体が動き出しそうです。。。。
踊りたい衝動を必死に抑えて動画撮影完了。

ecb19

「ヤツメちゃん」というゆるキャラがいたことに感動!
江別のゆるキャラはえべチュンだけじゃなかった!!!

ヤツメちゃんと一緒に写っている方が、ヤツメサンバを作詞作曲をした斎藤さん。斎藤さんは日本民謡協会札幌斎藤支部支部長で公認民謡教授。年に一作品のペースで江別がテーマの民謡を作っているそうです。新作は「江別かあさん音頭」だそうです。これも聞いてみたい!

小さい子からお年寄りまで3世代が一緒に楽しめるこいのぼりフェスティバルは今年で12回目。
千歳川を優雅にのぼるたくさんのこいのぼりに見守られて3世代が過ごす幸せな時間。
来年も楽しみにしています!

ecb16

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

ヨシヒロミウラ
ヨシヒロミウラ
江別市民ブロガーズ管理人。野幌生まれ野幌育ち。

2017年国際交流基金日本語パートナーズ事業でベトナムの首都ハノイへ派遣。派遣終了後もレンガがいまだにあちこちにあるベトナムに江別を感じ、今もベトナムを散策中。

ベトナムでえべつ観光特使として江別市にあるオシキリ食品の納豆をベトナムに輸出するコーディネイトをしたり、江別市の魅力をベトナムに発信する活動をしています。

ベトナムの日本人 /個人ブログ
ベトナムと日本人」/ World Voice Powered by News week 日本版