酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン北海道江別市。江別市民ブロガーズは江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

だって野幌も暑かったんだもの

野幌公民館の裏手にあるかわなか公園の噴水まで水遊びに行きました。

だって、この週末(2016年5月21日土曜日)は北海道も暑かったんですよ。てか、エーン現象もあって道東が暑くて、真夏日でした。沖縄が梅雨で雨がちだったんで、沖縄より暑いという有様。ご多分に漏れず、大麻も朝から暑くてですね、TVで早朝から「13℃あって暖かいですね〜」なんて言ってて、13℃って暖かいんだと思ったのです。w そこで、前日に付近を通っていて噴水が出ていたのを発見したので、野幌のかわなか公園に行ったわけです。子どものお着替え一式を持って。

いやぁ〜、2番通りを自転車で走ってる時点で、結構ジリジリきました。坂をダウンしてると涼しくて良い感じなんですけどね。野幌公民館裏手のかわなか公園に着いて、「日陰…日陰…日陰はどこじゃ」と日陰のベンチを見つけて、その脇に自転車を停めた。午前10時半頃から水遊びに来る人はまだ少なくて(夏場なら結構いる)、余裕綽々でベンチ確保出来たのです。

お散歩中のおばあさんが、「こちら、よろしいかしら?」といらっしゃったので、ベンチの半分を「どうぞどうぞ」と空けて、掛けていただいた。良いご陽気だとこういうことがあって良いですね。


朝ごはんもそこそこに、張り切って出てきたものだから、「まま〜、お腹空いた〜」と来たので、それ見たことかと、今朝、食べ残していたNeueさんのスコーンを食べさせた。まだお昼じゃないよ。ご婦人が「子どもは元気よね〜」なんて仰るものだから、「こんなこともあろうかと思って持って来ました。」と言葉を交わしたり。お昼近くになって、ご婦人は「それじゃ」と立ち去られました。

お〜、そろそろお昼なんですね。私もお腹が空いたので、近くのスーパーへちょっとお買い物へ。子どもも食べるかと思ったらば、スコーンでお腹いっぱいになってしまったらしい。ついでに買ったおやつの果汁グミみかんを食べて、水鉄砲とシャボン玉で遊んでおりました。

外国人の母子グループも来ていました。パキスタなのか、バングラデシュなのか、日本語OKなのか、英語ならOKなのかわからなかったので、話しかけはしませんでしたが、チビッ子可愛いらしかったな〜( ̄▽ ̄)

ウチの子も水に入って遊んでおりましたから、もう全身ずぶ濡れですよ。暑かったけど、もういい加減、涼しさを通り越して冷たくなってきたんでしょうね。14時半位に「もう着替える〜」と戻って来ました。タオルで隠しつつ、全身着替えて、「別のところ行こう〜」と遊具の方へ行った。


遊具で遊んで、石や落ち葉で料理屋さんごっこして、「もう帰ろうよ」と言うと、今度は「図書館行こう〜」と言い出しました。

野幌ですから、情報図書館は近い。R12に出て、情報図書館に向かいました。何を読むのかと思いきや、「お願いしま〜す」とウルトラマンティガのDVDを借り出して見始めた。私は、隣でちょっと眠らせてもらった。花粉症で目がバリバリだったし、陽に当たって疲れちゃって、一休み。「寝ないで!」と何度も起こされたけどね。いや、もう限界です。見終わったら、児童書コーナーに行って、くらべる図鑑なぞなぞを出され、答えさせられ、「え〜マジで〜」などなどリアクションして、陽も傾いてきたので、そろそろ帰ろうということに。

やっと帰れると思いながら、自転車を漕いだのも束の間、「ここで遊びた〜い」とえいじゅ公園に寄り道させられた( ゚д゚)まだ遊びますか?!ターザンロープやったかと思えば、シーソーに付き合わされたかと思うと、勝手に降り始めて「ちょっと!痛いじゃん!!」と文句言われ、先に遊んでいた小学男子たちの真似をして、再び水鉄砲で遊んでみたり、「もう帰ろうよ〜(TдT)」とこっちが泣き言を言う始末w

朝から夕方まで、満喫した土曜日だったな…はぁ…疲れた。帰りは坂を登った。

この記事を書いた人

ManaminMAMAN
ManaminMAMAN
2014/12、埼玉からUターンして来たばかりです。
かの震災以降、暮らし難くなって来た関東から、4月から小学生のちびっ子を連れて、北の大地へ戻って来ました。母子家庭の二人きり暮らしを楽しく送れるよう、新参者で土地勘がないからこそ、大麻を、江別を、北海道を満喫する様子を書いていきたいです。
●Twitter:@mananb39451
●Facebook:Manami Sagawa
●note:mananb39451
●Wordpress:mananb39451
●instagram: mananb39451
●ブクログ:manamin-ft