みんなの江別情報ブログサイト

江別産小麦粉&卵を使用☆週末だけ営業している噂の「どら焼き あんざい」に行ってみた【江別市錦町】

先日、ぷらっ~と江別を散策していたところ、前々から気になっていた「どら焼き あんざい」さんが開いているではありませんか!?

週末の金・土・日曜日しか営業していない噂のお店へ早速突入!!

 

img_2373

 

週末だけの幻の「どら焼き」

まだ10時を過ぎたばかりの時間。10時開店だからそんなに混んでないか…と余裕をかましていたら、なんと店内にはすでに行列が!(o;

5種類あるどら焼きのうち、すでに売り切れの商品もありました・・。

 

img_2371

それもそのはず…お会計待ちのお客さんの手には、たくさんのどら焼きが!!
私も他のお客さんに負けじと、なんとか
3種類のどら焼きをGETできました(^_^;)

今回購入できたのは、十勝産小豆を使用した「つぶあん」と、徳島県の鳴門金時芋を使用した「鳴門金時芋」、沖縄県大東島産のラム酒を使用した「ラムレーズン」です♪

ではでは早速いただきまーす!

「つぶあん」

dsc_3023

dsc_3028


まずは生地の厚みとモチモチ感に驚き!!

ちなみに、「どら焼き あんざい」さんでは生地の小麦粉と卵は江別産のもので、道産のシナノキはちみつも使用しているそうです。(どうりでほんのり生地が甘いわけだ~)

つぶあんは甘さが控えめで、生地の程よい甘さと絶妙にマッチングしています♪

「鳴門金時芋」

dsc_3031

dsc_3036

一口食べると鳴門金時芋の風味が口の中いっぱいに広がり、至福のひととき♪(^^)
つぶあんとの相性もバッチリです!

ずっと口の中に入れておきたいぐらいの一品ですが…それはさすがに大人としてまずいので、衝動を抑えました…()

「ラムレーズン」

dsc_3037

dsc_3041

ラムレーズンの大人な風味が生地の甘さと絡み合い、一気に高級感を漂わせています!

どら焼き(和菓子)と言えばお茶…の組み合わせですが、これなら紅茶などにもとても合いそうです♪

最後に・・

他にも、売り切れだった「ごまくるみ」や「焦がしバター」の種類もありました♪

早めに行かないとどら焼きが売り切れてしまうので、ぜひ皆さん「どら焼き あんざい」さんへ行かれる時は営業時間の少しお早めに行くのがオススメですよ~!

「どら焼き あんざい」住所・アクセス・地図

営業日 :金・土・日曜日
定休日 :月~木曜日
営業時間:10時~18時 ※どら焼きがなくなり次第終了
TEL :011-389-3773
住 所 :江別市錦町15-18

H P :どら焼き あんざい

 

この記事を書いた人

ぽん
ぽん
江別のゆったりとした雰囲気に惹かれ、江別市地域おこし協力隊として札幌からやって参りました「ぽん」です!
新米江別市民ですが、自分自身楽しみながら江別について勉強し、多くの方に江別の魅力をお伝えしていきたいと思います♪