みんなの江別情報ブログサイト

【マニアックリポート】会話の無い夫婦にお勧めRTN2号公園【北海道江別市】

日本全国のベンチマニアの皆さん、大変お待たせいたしました。ベンチリポート第2弾です。

もうお忘れのことと思いますが、1年少し前に、下記の記事を投稿させていただきました。

●2016年10月27日【マニアックリポート】イカしたベンチを探せ!文京台南町公園

現在この記事を書いているのは、2017年12月年の瀬。北海道は猛吹雪に襲われ、とても外で写真を撮れるような環境ではありません。

そこで、カメラの中の写真を点検していたら・・・つい心奪われて無心にシャッターを押した、あの晩秋の日のことを思い出したのです。

会話が無くなった中年夫婦にオススメのRTN2号公園

その時の写真が、これです。

この記事をお読みの方にそんな方はおられないとは思いますが、会話の無くなった中年夫婦にオススメです。

場所は、江別市郊外の西野幌地区にある、「江別RTNパーク」という工業団地。「RTN」とは「リサーチ・トライアングル・ノース」の頭文字で、英語として成立しているかどうかわかりませんが、先端技術系の企業を誘致しようと造成されたものです。

現在は、食品産業にも門戸を広げて、企業誘致を行っているようです。ご興味のある企業の方は、ぜひ江別市の公式サイトをご覧ください。→こちら

この工業団地の傍らに「RTN2号公園」があります。

 

私は、木陰から様子をうかがってみました。

このベンチを寂しそうと受け取るか、何も意に介していない状態と受け取るか・・・。

こっそり後ろ側へ回ってみると、そんなに寂しいわけではなさそうです。むしろ、この感じが良いのだと、どっしりしているような印象もあります。

このベンチの、遠く向かい側に、もう一つのベンチを見つけました。

相変わらず木陰から覗く筆者。

さて、両者の位置関係を見てみましょう。

姿は見えるが会話は成立しそうもない微妙な距離。まるで、家庭内別居のようです。

それぞれの言い分を聞いてみましょう。

「え?別に・・・」だそうです。

では、向かいのベンチさんにも聞いてみましょう。

「なに?うるせーな」だそうです。

やはり、この絶妙な距離が平穏を装うコツのようです。

人っ子ひとり居ない「RTN2号公園」。わかる人には解るけど、分からない人には永遠にワカラナイ魅力。

あなたは、どちらですか?

<2018.02.14追記>
やはり、江別という土地柄は、ベンチにこだわる人が多いのです。大麻銀座商店街の「麺こいや」(「コミュニティハブ江別港」を併設)では、冬期間、雪に埋もれてしまうベンチに代わり、雪でベンチを作ってしまったのです。冷え切った夫婦に最適な冷たいベンチ。江別にまたベンチに関する伝説が生まれました。

画像出典Facebookページ「江別港」より

RTN2号公園 所在地・マップ

■RTN2号公園
住所 北海道江別市西野幌

アクセスマップ・地図

関連記事