みんなの江別情報ブログサイト

美味しい!楽しい!がある、みんなの居場所〜地域・こども食堂の紹介【北海道江別市】

2018年7月現在、江別市では「こども食堂」が、3か所あるという情報をキャッチしましたので、そのうちの一つ あすかの森認定こども園の子ども・地域食堂「ななかま堂」に行ってみました。

あたたかく、自由でのびのびとした雰囲気の中で、こども食堂を楽しんで来た様子をお伝えします。

あすかの森認定こども園

「ななかま堂」は、あすかの森認定こども園の松本和也園長先生が、

「地域のなかにある園なので、地域のために何かできることはないかな?」と考えた時に、つながりが希薄になっていることや孤食などの問題が気になったということで、みんなの居場所をつくりたいと思い、

知り合いや町内会の方達に声をかけて、まずはやってみようと6月から始めたばかりの子ども地域食堂です。

運営は、札幌国際大学の「関わる」ということテーマにしているゼミのメンバーが行なっています。

園長先生と以前から知り合いだったという 札幌国際大学の増山由香里先生が、「学生達が幅広い年代層と関わることができ、関わりの経験が学ぶ機会になると考え、協力させていただいてます」と話してくれました。

ゼミの学生さん達も、「自分達も楽しみながら活動しています。幼児から小学生など幅広い年齢層のこどもと関われることで 経験が広がると感じています。また、保護者や地域の人とも関われることは貴重です」

「こちらの園では、家庭にはない大型のおもちゃやゲームも豊富で遊びも楽しいんですよ!」と教えてくれました。

この日は天気がとても良かったので、園庭も解放して、こども達を遊ばせてくれましたよ。

トンネルがあったり、木登りしたり、ターザンロープもありましたよ。とても魅力的な園庭でした!!

 

地元野菜が美味しい食事メニュー

美味しいご飯は、日本赤十字江別奉仕団 江別分団のみなさんが作ってくれています。

「美味しかったと喜んでくれる様子が嬉しくて、ついがんばってしまいます」とみなさんニッコリ。


「私達みんな主婦歴が長いから」と、流石の手際の良さで、テキパキと料理されていて、

できあがってくるにつれ美味しそうな匂いが園内に漂い、食欲をそそります。

そして、地元の農家さんが野菜を提供するなどの形で協力をしてくれているので、

本当にありがたく、感謝しています!とのこと。


この日は、豊幌の鶴見農園さんからきゅうりを、同じく豊幌のアンビシャスファームさんからは、ブロッコリーやカブなどが提供されたそうです。

園長先生のお人柄もあってか、人と人のつながりの力や、地域の力でこの場を作りあげているということが、本当に素晴らしいと思いました。

 

食事の後のお楽しみは・・

今日のメニューは、炊き込みご飯とマカロニサラダとすまし汁。みんなでワイワイいただきます。

何を食べても美味しくて、ご飯を食べたら、デザートのソフトクリームまで!

園にソフトクリームの機械があるなんてすごいー!と童心にかえり、はしゃいでしまいました。

こだわりのミルクを使っているとのことで、味も抜群に美味しかったです。

園でもお楽しみの時やお泊り会でにソフトクリームがふるまわれるそうですが、こども達も大好きだそうですよ。

食事の後は、学生さんが絵本の読み聞かせをしてくれて、楽しい時間はあっという間でした。

 

こども・地域食堂 ななかま堂

ななかま堂は、今後も月に1度開催していく予定です。日程は、8/11・9/30・10/28・11/11・12/16・1/13・2/10・3/24。

次回8月には、ソフトクリームの代わりにかき氷にをデザートに出そうかな?(なんと、かき氷の機械も園にあるんですって!)12月にはクリスマスの特別企画をしようかな?と楽しいアイデアをいろいろと考えているそうです。

お子さんやその保護者さんだけではなく、お一人で食事をされている地域の高齢者の方も、ぜひ一緒に楽しい時間を過ごしましょうと園長先生も学生さんもおっしゃっていましたよ。

園長先生は、「ななかま堂をこれからも続けていき、将来的には学習支援などの活動にも広げていきたいです。一緒に活動してくれるサポーターも募集しています。」と、何か困った事があった時にも必ず助けてくれる大人がいるとわかれば、もっと地域は良くなるのでは?と大きな志しを持ってる方でした!

こども地域食堂 ななかま堂
【時間】10:30〜 自由遊び 12:00〜13:30 昼食
【参加費】幼児 : 無料/小・中・高校生 : 100円/大人 : 200円

※定員30名

※事前の申込みは不要ですが、定員に達した時はお断りさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

※食事は、アレルギー対応をしておりません。

【お問合せ】電話011-382-2285

【場所】あすかの森認定こども園 2Fランチルーム(江別市緑町西1丁目81)

江別市内のその他のこども食堂・地域食堂

地域の通いの場を集めた情報は、江別市社会福祉協議会のロビーに掲示コーナーがあります。

HPからもチェックできます

つながりを感じあえる場所づくりが江別でこんなに取り組まれているんですね!
様々ある場から、他2つの地域こども食堂の開催情報もお伝えします。いずれ、ブロガーズで詳しい様子もご紹介もできたらいいなと思っています。

北翔大学「支え合いの拠点(居場所)づくり支援のための研究・実践グループ

【日にち】2018年7月18日 ※8月はお盆のためお休みですが、第3水曜日に実施して行く予定

【時間・料金】カフェタイム15:30〜17:30 利用料金は無料

食事タイム 17:30〜19:00注文受付終了 大人300円/子ども無料

※事前申し込みは不要。直接お出でください

【お問合せ】北翔大学「支え合いの拠点(居場所)づくり支援のための研究・実践グループ

電話011−386−8011(北翔大学代表)尾形・岩本

【場所】八丁目プラザのっぽろ2階(江別市野幌町57-12)

てまりの華ちいき食堂

【日にち】2018年7月21日 ※毎月第3土曜日に実施予定

【時間・料金】12:00〜 大人300円/子ども無料

【お問合せ】渡邊090−2698−8996  山川011−398−7337

【場所】地域共生ホームてまりの華 (江別市元江別本町9−18)

 

 

この記事を書いた人

みみえ
みみえ
江別歴30年以上になります。男子2人を育てるアラフォーママです。江別が住みやすく、とても気に入っています。江別暮らしの楽しい出来事、好きな場所、好きな人達をご紹介させていただきます。
Twitter:@mimie810