みんなの江別情報ブログサイト

マキシドルパのジンギスカン定食4年間の変遷を追う【北海道江別市】

江別市民会館レストランで筆者が大好きな「ジンギスカン定食」の変遷を記録し始めてから4年が経ちました。

今回は、その4年の軌跡を振り返ってみます。

羊肉の値上がりにあえぐ

近年、輸入羊肉の値上がりなどがあり、10年前はたしか700円台(税抜き)だったジンギスカン定食は、1180円(税込み)となり、肺ソサエティなセレブが食べる高級食になりつつあります。

数年前のジンギスカン定食の肉は、時々硬い部分が混じっていたりしましたが、細切れにしてあったので硬さは気になりませんでした。細切れになっている分、タレが良く絡み美味しさが増していました。

そして1個か2個入っているナスがありがたい存在でした。

仕入れる肉がかわったのか?

最近のジンギスカン定食は、お肉の質が良くなったようです。少し味が薄くなったかも?という印象を受けます。

仕入れる肉の種類がかわったのでしょうか?それとも仕込み方法の違いでしょうか。

ここで、過去4年間のジンギスカン定食を並べてご覧いただきます。

この微妙な違い・・・皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか。

メニュー表のチラリズム

下の画像は、2018年6月現在のマキシドルパのメニュー表です。

ジンギスカン定食の横に、何やら美味しそうな写真が・・・そして付箋紙。隠していると見たくなるのがサガというものです。

あら、ヤダ~カツ丼じゃな~い。

今や幻となったマキシドルパのカツ丼。いつか復活することを期待しています。

そして、ジンギスカン定食のますますの発展を願わずにはいられません。

ジンギスカン定食の聖地「マキシドルパ」の住所・営業時間など

■江別市民会館レストラン マキシドルパ
住所 北海道江別市高砂町6番地江別市民会館1F
電話 011-383-5267
営業時間 11:00~19:00 (ラストオーダー 18:30)
定休日 年中無休 (年末年始と整備の為の臨時休業有り)
公式サイト

アクセスマップ・地図