酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン北海道江別市。江別市民ブロガーズは江別市に関わる人々の楽しい・面白い・役立つ情報を発信しています。

北海道グルメ遺産に独断で認定!ジンギスカン定食_江別市民会館レストラン「マキシドルパ」

ジンギスカンが生活に根付いている北海道。しかし、「ジンギスカン定食」は、それほどお目にかかることはありません。そこで、皆さんにご紹介したいのが、江別市民会館レストラン「マキシドルパ」のジンギスカン定食です。

北海道のソウルフード「ジンギスカン」

中華屋さんでは定番で回鍋肉とか、ファミレスなら当たり前にメニューに載っているハンバーグとか、大衆食堂ではおなじみのカツ丼とか・・・定番メニューにはいろいろあるけれど、ジンギスカン定食って、ジンギスカンの本場の北海道といえども、どーして、どーして、なかなかお目にかかれないのでしょう。

皆さんも、子供の頃、学校の炊事遠足でジンギスカンやったでしょう。学生時代、花見でジンギスカン食べたでしょう。会社の飲み会でもビアガーデンといえばジンギスカンでしょう。

それなのに、それなのに、どうしてメジャーになれないのでしょうか「ジンギスカン定食」。

幸福感で満たしてくれる伝統の味

その不満を、全江別市民の不満を、そう、道民の夢を、一手に引き受けて幸福感で満たしてくれるのが、市民会館レストラン「マキシドルパ」のジンギスカン定食なのです。

2015年バージョン

20160623_14
これは、2015年バージョンです。では、続いて2016年バージョンをご覧に入れましょう。

20160623_11

特に変わったところはありません。では、続いてアップ画像を行きます。

20160623_15

おお!なんてすばらしい光景。これは2015年バージョンです。

2016年バージョン

20160623_13

これは、2016年バージョンです。特に変わったところはありません。伝統の味ですから。そりゃ、そうでしょう(笑)。
少し甘めのタレと絶妙に絡むコマ切れの羊肉。バランスよく混ぜられたシャキシャキ野菜。ジンギスカン鍋では、なかなかこのような完成度は出せません。マキシドルパのジンギスカン定食ならではの完成度です。

価格は1,000円。ライスの量は十分ですが、午後に仕事が無い人はぜひ大盛りにしてください。大盛り料金は聞いてみなければ分かりません。もし、なんでしたら、私が聞いておきます。

嗚呼、もう我慢できない。

20160623_12

※一味唐辛子をかけると、さらに美味しい。

店名・住所

■江別市民会館レストラン「マキシド ルパ」
住所 北海道江別市高砂町6番地
電話  011-383-5267
営業時間 11時00分~19時00分

 

アクセスマップ・地図 所在地