みんなの江別情報ブログサイト

水道凍結に気を付けて!万が一のときは市の指定業者へ【北海道江別市】

この冬も今が寒さのピークですね。もちろん江別も極寒のまっただ中。

1日以上家を空けるときなど、水道凍結が心配。「水落とし」という作業については、寒冷地以外から来られた方にはなじみがないと思いますが、「水落とし」は、北海道では必須ですよ。

マンション等で水落としが不要な場合もありますが、住居の構造などの条件によっては、不在にしなくても夜間に水道管が凍結する場合もあります。

20170113_01
画像出典江別市公式サイト内_水道管の凍結にご注意ください

「水落とし」って何?

器具によって手順が異なりますが、1日以上家を空ける際にはぜひ「水落とし」を行うことをおススメします。「水落とし」とは、住居内へ給水する細い菅の中の水を空にするという作業です。

これを行わないと、水道管内の水が凍結し、場合によっては氷の圧力で水道管が破裂することもあります。そのような状況後に氷が解け水が流れ出すことで、部屋中が水浸しになってしまう場合もあります。

道産子の皆さんにとっては当たり前のことですが、本州から転勤などで移り住まれた方は、ぜひ覚えておいてくださいね。

「水落としの手順」については、江別市公式サイトで詳細の説明が掲載されています。
水落としとその手順について<リンク>

もし水道管が凍結したら

そして、万が一、水道管が凍結してしまい、水が出てこない!という場合は、どうしたら良いのでしょう。放置して水道管が破裂してしまうと、水漏れによりアパートの下の階に被害が出たりする恐れもあります。

市の公式サイトには次のように記載されています。

もし凍結させてしまったら軽い凍結の場合は、管や蛇口にタオルなどを巻いて、少しずつお湯をかけて解氷してください。
注意:直接熱湯を水道管にかけますと、熱膨張により管が破損する場合があります。

自分でできない場合には

市の指定業者に連絡してください。土日も受付窓口があります。
給水装置・排水設備工事の指定工事事業者一覧<リンク>

土、日、祝祭日および夜間凍結修理については、江別管工事業協同組合(電話番号:011-384-3556)で受け付けしています。

詳細は、市の公式サイトを参照してください。

20170113_02

写真/新栄団地

ところで、2017年1月13日現在の積雪は、野幌で53cm、累計降雪量は271cmで過去5年間の平均値対比では若干少な目となっています。とはいえ、昨年が少雪だったので、多い印象がありますね。

江別市内の降雪・積雪状況および除雪情報は下記リンクの市公式サイトでご覧になることができます。
江別市降雪・除雪情報<リンク>

これから、スノーフェスティバルなどの冬のイベントも控えています。雪と上手に付き合いながら、春を待つことにしましょう。

#江別市のトリセツ