みんなの江別情報ブログサイト

江別蔦屋書店にてTHA芝木農園の新鮮野菜を使ったコラボ企画が進行中!【北海道江別市】

江別蔦屋書店にて、Une cled Oz(ウェニクレード オズ)とBETWEEN THE BREAD Ebetsu(ビトウィーンザブレッドエベツ)の2店のテナントと地元の農家 THA芝木農園とのコラボ企画が進行中という噂を聞きつけ、市民ブロガーズで取材させていただきました。

江別蔦屋書店

2018年11月にオープンした江別蔦屋書店。みなさん、もう一度は行ってみましたか?

蔦屋書店は、その土地にあったコンセプトで全国各地に出店していて、北海道では函館に続いて江別が2店舗目。

出店にあたり事前に、「このまちにどんなものが欲しいか?」というアンケートをとった際には、他のまちでは見られない「美味しいものが食べられる所がほしい」という回答が多くあったということで、江別の人は食への関心が強いと感じたそうです。

田園都市スローライフ

各地の魅力を引き出し、新しいライフスタイルを提案する蔦屋書店が、江別で提案したいライフスタイルは「田園都市スローライフ」。

スローライフとは、効率やスピードを最優先する生活ではなく、のんびりと過ごしながら、人生を楽しみ、生活の質を高めようとするライフスタイルのこと。自然が近く緑が豊かな環境の江別だからこそ実現できる「スローライフ」があると感じているそうです。

今回、企画中のイベントも先ずは実際に農家さんを訪ねて、畑の作物から見てこようというスタイル。

江別蔦屋書店コミュニティ担当の望月起一さん、ウェニクレード オズの店長 高野一世さん、ビトウィーンザブレッドエベツの店長 木村優吾さんと一緒に市民ブロガーズも同行いたしました〜!

THA芝木農園

THA芝木農園は、江別市の北に位置する篠津で、屯田兵としてこの土地で田畑を切り開いたという、ご先祖の代から3代続く農業を営んでいます。

アスパラガスをメインに少量多品目の野菜を、できるだけ肥料や農薬に頼らずに野菜の力を活かした方法で栽培しています。

畑を案内し、野菜のことを教えてくれたのは、芝木達也さん。江別市内で不定期に開催される「江別のレコード好きによる子供から大人まで気軽に楽しめるノンジャルのBrick Party (ブリックパーティー)」にてDJとしても活躍されています♪

野菜の花の中で一番好きなのは「きゅうりかな」とカワイイことを言うタッチさん♪海外ではパセリのように、料理にきゅうりの花を添えることがあるそうです。

消費者にとっては、野菜が成長していく様子を見ることができるのは貴重な体験です。きゅうりには、茎にも葉にもトゲがあることを初めて知りました。

マツコも絶賛、アスパラガス

人気のテレビ番組「マツコの知らない世界(TBS系)」で、アスパラ農家さんが登場し、アスパラガスの世界を熱く語ったことで、最近さらに人気で注目度が高いアスパラガス。5〜6月の春が旬の野菜ですね。

江別でアスパラガスといえば、THA芝木農園!!

芝木農園ファン、増加中!

【今が旬】露地モノ朝採り極上アスパラは江別の大規模な野菜直売所に行くと確実!【江別市】

アスパラガスは土の栄養を吸って成長するので、土の風味がうつり、土地によって収穫されるアスパラガスの味が違うのだとか。見せていただいたのは19年もののアスパラの株!!

THA芝木農園の土は、歩きづらいと感じるほど、フワフワで柔らかく、先代が養豚業を営んでいた事もあり、豚の堆肥をすき込ませてきた肥沃な土地には、どうしても他の草も生えてくるのですが、薬は使わずパートの皆さんに手作業で抜いてもらっているそうです。

土の養分も水分もたっぷり吸収して、すくすくと伸びたアスパラガスは、切り口から水が滴るほどみずみずしく、旨みが濃くて甘い!!

そのままの生のアスパラをペロリと1本食べて、また食べたくなるほどの美味しさに、店長さん達も感動していました。

リーフレタス

THA芝木農園では、5品目(玉レタス、サニーレタス、リーフレタス、フリルレタス、ロメインレタス)8品種のレタス類を栽培しています。食べた時の葉の柔らかさや味わいがそれぞれ品種によって全く違うそうです。

江別市は「風の街」と言われているほど風が強いのですが、強い風が影響して、葉の色の濃緑のバランスが綺麗になるそうです。しかも、虫が風に飛ばされてしまい野菜につかないんですって。

スペシャルコラボイベント詳細

さて、試作のための野菜をいただき、農家さんがおススメする野菜の調理方法なども聞き、店長さん達は「今日の感動と農家さんへの感謝の気持ちを込めた、スペシャルな料理を考えます!」とはりきっていました。

蔦屋書店でのイベントは、6月30日(日)のみ限定で、THA芝木農園の旬の野菜を使ったスペシャルメニューが、Une cled Oz(ウェニクレード オズ)とBETWEEN THE BREAD(ビトウィーンザブレッド)の2店より提供されます。

この日は、江別蔦屋書店の食の棟にて、THA芝木農園の野菜販売も行われる予定です。

 

Une cled Oz(ウェニクレード オズ)

札幌の燻製専門店「おず」の新業態。ガパオライスの専門店。無添加ベーコンなどの燻製料理やサイドメニューはお持ち帰りもOKです。

イベントスペシャルメニューは、「野菜の旨味と感謝の気持ちがぎゅーっと凝縮された料理を考えて、何度も試作をしています!!」とウェニクレード オズの店長 高野一世さん。

江別蔦屋書店・食の棟

営業時間 11:00〜21:00

 

BETWEEN THE BREAD Ebetsu(ビトウィーンザブレッドエベツ)

美瑛の道の駅で大人気のハンバーショップ「ビトウィーンザブレッド」の2号店。江別で採れた食材をふんだんに使用したハンバーガーとサンドウィッチのお店です。

ビトウィーンザブレッドエベツの店長 木村優吾さん。スペシャルメニューは、野菜の魅力が飛び出るようなメニューを考案中だそうです!

江別蔦屋書店・食の棟

営業時間 平日11:00〜21:00       土日祝10:00〜21:00

どんなスペシャルメニューが出来上がるのか楽しみです!6月30日が待ちきれませんね!!

乞うご期待!!!

THA芝木農園アクセス・住所・地図

SNSにて情報発信中

THA芝木農園Facebook

THA芝木農園の野菜が買える場所

●江別市内直売所 ●野幌の駅ふれあいファームしのつ ●ゆめちからテラス内野幌やさい直売所 ●EBRI内おいで屋 ●江別市内、札幌市内近郊coop生協内 ご近所野菜コーナー

他、江別・札幌市内飲食店にてお召し上がりいただけます。

住所 : 〒067–0055 北海道江別市篠津480-2

FAX : 011–384–6494

江別蔦屋書店アクセス・住所・地図

江別蔦屋書店ホームページ

公式Instagram

住所 : 〒067-0005 北海道江別市牧場町14−1

この記事を書いた人

みみえ
みみえ
江別歴30年以上になります。男子2人を育てるアラフォーママです。江別が住みやすく、とても気に入っています。江別暮らしの楽しい出来事、好きな場所、好きな人達をご紹介させていただきます。
Twitter:@mimie810