酪農のまち、野菜のまち、ものづくりのまち、オンラインタウン江別市。江別市民ブロガーズは北海道江別市と江別市に関わる人々に役立つ情報を発信するブログサイトです。

大麻北町に新たな宅地が誕生か?はやぶさ運動公園など売却の方針【江別市】

2万平方メートル以上の敷地が出現

はやぶさ運動公園・旧NHK送信所など

江別市大麻北町のはやぶさ運動公園・文化財整理室の敷地について、江別市は、建物解体条件付きで売却する方針を固めたとのことです。

3番通り沿いに、煉瓦造りの円形の建物を知っている人も多いと思います。

これは、かつてNHKの送信所として使われていた建物ですが、役目を終えた後に、江別市が取得し、郷土資料館の倉庫として使わていました。

この建物の背後には、野球場・テニスコート・ゲートボール場・多目的広場を備えた「はやぶさ運動公園」があります。

これらを合わせた敷地面積は、2万969平方メートルで、都市計画の用途地域は準住居地域と第1種中高層住居専用地域となっています。

e-kensin.net

はやぶさ運動公園は「えみくる」へ移転

2020年10月9日付け北海道建設新聞によると、「はやぶさ運動公園」は、江別市美原の「江別市都市と農村の交流センターえみくる」に移転予定となっており、2021年着工、2022年供用開始を目指しているとのこと。

文化財整理室は旧角山小へ移転

また、「文化財整理室」については、2021年に旧角山小学校跡に移転予定となっているとのことです。

土地の売却時期は、2022年以降とされていますが、江別市内にまた新たな宅地が誕生する可能性があります。

江別市の人口12万人返り咲きなるか?

札幌市内から郊外へと宅地の需要が続いているうちに、早期に大規模な分譲が実現すれば、ひょっとして人口12万人返り咲きも実現するかもしれませんね。

なお、今年の国勢調査では、12万人達成するかもしれないといわれていますが、住民登録上の人口が12万人を超える可能性は、今のところ低いと見られています。

画像出典/イラストAC

■はやぶさ運動公園・文化財整理室
住所 北海道江別市大麻北町521−16

アクセスマップ・地図